月の模様が81000年毎に変化しているらしい!

   

スポンサーリンク

空を見上げると

お月様が見えます!

 

うさぎがモチをついているように見えると、

十五夜のお月さまを前に

おだんごをお供えして祭りします。

 

昔話などにもよく出てきます。

 

このお月様ですが、

最近の研究でこんなことが分かってきたそうです。

 

「約81000年ごとに、表面の模様が変わっている」

なんのこっちゃ?

とお思いかもしれません。

 

月は、地球と違って大気がありません。

 

宇宙空間から飛んできた隕石たちは、

なんの抵抗もなく直接月の表面へ落下します。

 

月の表面にある大きな穴や溝は、

隕石等がぶつかった衝撃で表面が削られてできています。

 

クレーターと呼ばれています。

 

このクレーターが、

毎年180個以上できているそうです。

 

このペースでクレーターができると、

81000年後には、

月の表面が変わってしまって、

地球から見る絵柄が変わってしまうというお話です。

 

遠い未来、

うさぎがカメになってたりするかもしれませんね!

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 日記・雑談