今はまっているスマホゲーム「城とドラゴン」家族3人で遊んでます

   

スポンサーリンク

昨年の秋ごろ、

当時4歳の息子がタブレットに「城とドラゴン」というゲームを

勝手にインストールしました。

 

「パパこれやってー!」

としょっちゅう言うのですが、

どんなゲームかもさっぱりわからない。

 

そもそもスマホでゲームをしたことがない。

戦略系のゲームのようだが目的が分からない。

 

わからないことだらけで

いつも「こんな難しいゲームはいやじゃ!」

 

と断りつつも、

仕方がないのでいつも少しだけ付き合っていました。

 

半分以上いやいや付き合いつつも

子供があまりに楽しそうにゲームをするので、

インターネットで「城とドラゴン」というゲームを

調べました。

 

卵とはなんぞや?

CPとは何ぞや?

キーンとルビーは何が違うの?

どこかに倒すべき敵のようなものはいるのか?

どこに向かって進めていったらよいのか?

 

ゲームをやってはインターネットで調べてを繰り返して行きました。

 

そうしていくうちに、

「城とドラゴン」というゲームが面白いと感じていくようになりました。

 

それを話すと子供は大変喜びました。

 

子供は子供の目線でゲームを進めているので、

私も一からやりたいなーと思い、

自分のスマホにインストールしてやり始めました。

 

去年の冬のことでした。

 

自分で単独で進められる環境になると、

さらにゲームが面白くなりました。

 

リーグ戦や討伐、みんなとたたかうなどのやり方を知ると、

子供と同時対戦を行うようになって

一緒になって燃え上がりました。

 

その姿を見ていた妻が、

だんだん楽しそうに見えてきて、

今年の春、デビューしました。

 

今では、家族3人で協力プレーで戦いに行っています。

 

近くにいる3人だと、

声を掛け合いながらゲームを楽しむことができるという

斬新なゲームアプリとなり、

家族団欒にも一役買っています。

 

ワイバーンおくよーー!

あっ、いつも間にか城攻撃されとるーーー!

パパ先に敵の城攻めるよーーー!

こんな感じです。

 

もし興味がありましたら、

是非「城とドラゴン(略称は城ドラ)」やってみてください。

 

最初はわけがわからないかもしれませんが、

やっていくとどんどん面白くなっていきます。

 

2週間毎ぐらいのペースでバージョンアップするので、

新しいイベントやキャラクターが出てくるし、

いろんな人と対戦ができるので面白いです。

 

ゲーム内課金なので、

課金をすればその分急成長ができますし、

課金をしなくてもちょっと時間はかかりますが

十分楽しむことができています。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ゲーム