妊娠出産の時、安産で出産するある一つの方法

      2016/08/30

スポンサーリンク

 

赤ちゃんを出産するなら、
できるだけ安産で生みたいですよね?

 

何十時間も陣痛で苦しい思いをしている人もいますよね?

 

平均というか標準は12時間ぐらいだそうです。
うちはかなりはやくて、
破水から四時間で生まれました。

 

でも、
隣の部屋の人は前の日から入院して、
日をまたいでようやく出産されていました。

 

ところで、
安産の秘密ってなんだと思いますか?

 

これだと断言できるものはありませんが、
ひとつだけだれでもできる
よい方法を出産前に教えてもらいました。

 

それは、
【腕から肩胛骨にかけてを、上にひっぱること】
だそうです。

 

椅子にもたれてもいいし、
棒に手を掛けて肩を伸してもいいそうです。

 

また、
旦那さんや付き添いの人に、
腕を持ち上げるようにして
上から引っ張ってもらうのも効果があるそうです。

 

これは、
腕から肩にかけてをぎゅっと伸ばすことが、
今から赤ちゃん産みますっていう
体へのサインなんだそうで!

 

だから、
昔の妊娠中の人は、
床掃除などをして高いものを取る姿勢は
禁じられたそうですよ。

 

背伸びなどをして腕をのばすと
赤ちゃんが生まれちゃうから。

 

早産になっちゃいます。

 

これを止めるための
昔の人の知恵だそうですよ。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 子育て