買取査定の大逆転ポイント(ハナテン・ビッグモーター編)

      2016/08/30

スポンサーリンク

先日の買取査定で

ハナテンだけが驚異の半値でした。

理由はその時聞いたので、納得はできました。

 

一括買取査定で大きな差が出る理由

 

他社との査定の違いは

「修復歴あり」か「修復歴なし」

です。

 

「修復歴あり」とは、

一般的に言われている事故車であるということ。

 

買取や下取りに「事故車」というくくりは存在しないそうです。

 

事故した後

修復された車を「修復歴あり」として

査定しています。

 

ただし、

修復歴なし=事故歴なし

でもないことを知りました。

 

修復歴なしとは、

自動車の骨格に対してダメージがないことが修復歴なしとなります。

 

引っかき傷や、

ちょっとぶつけてドアやバンパーを直しました

といった骨格に対してダメージがない場合は

修復歴なしと判定されるということでした。

 

ボクシー自体もぶつけてはあるのですが、

これが修復歴ありとなるかなしとなるかで

査定価格が大幅に変わるということでした。

 

先日の査定は修復歴ありの査定だったんです。

 

査定結果に納得できない場合は、理由を聞いて交渉するとよい

 

最初に来た営業さんに再査定の話を持ちかけた結果、

ハナテンの工場へ持ち込んで

再度査定を行っていただきました。

 

複数人の査定人にじっくり判定していただいた結果、

骨格へのダメージなしという判断となり、

「修復歴なし」の

他社と同レベルの査定額に引きあがりました。

 

それだけではありません。

 

高額買取を狙うなら、自社販売ルートを持った会社を選ぶ

 

新聞広告にもよく謳ってますが、

ハナテン(ビッグモーター)の販売ルートは

・オークションルート

・自社販売ルート

の2種類があります。

 

オークションルートはオークション相場が

価格の絶対値を決定しているため

買取価格も自由に決めることができないそうです。

 

しかし、

自社販売ルート持っている会社は、

自社で販売価格を決定することができるため、

その分買取価格も高く設定することができるそうです。

 

その結果、

この時点で一番高額な買取価格の見込みとなりました。

 

ちなみに、

ガリバーも自社販売ルートを持っているため、

得意な車種については高額買取が期待できるようです。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 自動車